Aduro ledマスク

ほうれい線を薄くするちょっと意外な民間療法

 

年齢とともに増えるシミやシワ 顔のたるみ 肌のカサツキなどさまざまな肌のトラブルが気になるもの。

 

特に深い「ほうれい線」などは顔が老けて見える大きな原因の1つです。

 

しかし、顔の肌つまみを行えば ほうれい線を薄くすることができる のです!

 

AduroLEDマスク7+1と肌つまみを併用したら相乗効果で凄いことに!

 

 

マジで!これは本当に効果があります。

 

AduroLEDマスク7+1と一緒に

 

「肌つまみ」を毎日してみたら…


 

肌つまみ(正式名称は整膚つまみ)」

 

肌を毎日つまむことで様々な身体の不調が改善するという 、最近注目されている手技療法のこと。

 

整膚学園の徐堅先生が考案した手技療法で、皮膚を軽くつまんでから 元に戻すだけという凄く簡単な施術です。

 

この肌つまみを足だけでなく 顔や首にも行えば 衰えた顔の血流をアップさせシミやシワたるみといった肌のトラブルを退け ほうれい線を薄くするという効果も発揮する美容法になるのです。

 

 

「肌つまみ」の やり方は簡単!

 

つまんで離すだけ

 

詳しい やり方を説明するね。

 


 

ほうれい線に効く 肌つまみのやり方!

 

イラストを使って分かりやすく ご説明します。

 

ほうれい線に効く肌つまみの やり方の図1。ほうれい線を指でつまんでいる女性のイラスト

 

まず、小鼻のあたりから口角にかけて ほうれい線に沿うように順番に皮膚を指でつまんでいきます。

 

それぞれの部位で2秒かけて肌を優しくつまみ、2秒かけてゆっくりと戻す、というのを3〜4回行います。

 

これを口角のあたりまで左右同時に行います。

 

ほうれい線に効く肌つまみの やり方の図2。ほうれい線を両手の指で引っ張っている女性のイラスト

 

次に ほうれい線のシワを伸ばすようにして ほうれい線の周囲を指で軽く引っ張ってください。

 

小鼻のあたりから口角にかけて順番に引っ張っていきます。

 

それぞれの部位で2秒かけて左右に軽く引っ張り2秒かけて戻す、ということをそれぞれの部位で10回ずつ行います。

■ 以上を1セットとして1日に3〜4セット行って下さい。

 

 

顔への肌つまみを行う際の注意点!

 

ほうれい線に効く肌つまみの やり方の図3。指でつまんで元に戻してるイラスト。2秒かけてつまみ 2秒かけて元に戻す

 

肌つまみの基本的な やり方は
2秒かけて皮膚を優しくつまみ、また2秒かけて元に戻す こと。

 

そして、連続でつまむ場合は一定のリズムで行うということです。

 

この「2秒」という感覚が理解できるまでは 時計の秒針などを見ながら行ってみてください。

 

ほうれい線に効く肌つまみの やり方の図4

 

顔の肌つまみを行う際に一番注意して欲しい点は
できるだけ軽く優しい力でつまむようにするということです。

 

顔の皮膚は身体の他の部分に比べて薄いため決して 力を入れて つねったり強く引っ張ったりしてはいけません。

 

強くつまめば 効果が高くなるどころか逆効果に。

 

AduroLEDマスク7+1と肌つまみを併用すれば効果倍増!

 

ほうれい線は一旦出来ると決して消えないと考えている人は多いでしょう。

 

でも、顔の肌つまみを毎日行ううちに ほうれい線が薄くなったと感じる人が多く、毎日欠かさず実践すれば やがて肌の若返りが実感できるはずです。

 

ですので、AduroLEDマスク7+1と この肌つまみを併用すると効果倍増するのです。